プロレスファンリターンズ

平成から令和へ!新日本プロレスが熱い!15年ぶりに帰ってきたプロレスファンのブログ。

いよいよ明日!マディソン・スクエア・ガーデン決戦の日!

f:id:taketang:20190407000914p:plain
待ちに待ったプロレスの聖地、マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)での

新日本プロレスとROHの合同興行「G1 SUPERCARD」が明日に迫りました!

 

これはもう朝から新日本プロレスワールドに釘付けですね!

歴史的瞬間を楽しみたいと思います。

 

マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)って?

 

ところでMSG!MSG!って盛り上がってるけど、正直MSGって聞いてもピンと来ないのは私だけじゃないハズ。。。

調べてみるとどうやら新日本プロレス草創期の70~80年代の頃に、藤波辰爾やタイガーマスク(初代)がMSGのリングに上がっている歴史があるそうです。

ど~りで90年代から新日本を見始めた私には馴染みがないはずです。

 

f:id:taketang:20190406234326p:plain

出典:新日本プロレスワールド

ちなみに藤波辰爾選手はMSGでぶっつけ本番でドラゴンスープレックスを初披露し、WWWFジュニアヘビー級王座を奪取したという伝説を残しているようです。

そんな歴史にあやかって今回の大会でも選手がドラゴンスープレックスを使ったり、または新必殺技のお披露目があるかもしれませんね!

特に棚橋選手は何かやってくれそうな気がしてしまいます!

 

前述のとおり過去にMSGのリングに上がった新日本プロレスの選手はいても、新日本プロレスが興行として(ROHと合同ですが)MSGで大会を開くのは史上初で、本当に凄いことなんだと思います!

世界が新日本プロレスを求めている証拠ですね!

 

一体MSGのリングから見える景色はどんな光景が広がっているのか、歴史的瞬間はもうすぐだ!

 

注目の試合

どの試合も楽しみですが、個人的に注目してるのは、やはりIWGPヘビーとインターコンチのタイトルマッチですかね。

 

f:id:taketang:20190406235417p:plain

G1 SUPERCARDの中で唯一の日本人同士の対決。

まさに新日本が誇る黄金カード!

NEW JAPAN CUPからの因縁のリマッチでもあり、直近のシングル対決では内藤選手が2連敗中で、シングル戦トータルでも4勝2敗で飯伏選手がリード。

まさにあとがない内藤哲也。インターコンチのベルトを賭けての背水の陣となるわけですが、私の希望的観測では内藤哲也が勝利してベルト防衛してくれるのではないかと予想します!

 NJCでは陰をひそめていたトランキーロ戦法を魅せ付けてくれるのではないかと期待してます!

 

f:id:taketang:20190407001324p:plain

そしてメインのIWGPヘビー級選手権試合。

こちらも去年のG1公式戦と今年の1.4東京ドームでのスペシャルシングルマッチで、ジェイに2連敗中ともう後がないオカダ選手。

やはりここは勝って、MSGにカネの雨を降らせてほしいところです!

全世界が注目してるわけですし、ここは新日本のスーパースターに勝ってもらわないと困ります!

 

しかし、あえてジェイ・ホワイトの勝利でベルト防衛するんじゃないかと予想します。

なぜならその後の展開で、IWGPヘビーを防衛したジェイ・ホワイトとインターコンチを防衛した内藤哲也の抗争が見たいからです!

ジェイと内藤がベルト防衛となれば、いよいよIWGP2冠に向けての展開が真実味を帯びてくるでしょう!

 

そもそもジェイが日本に凱旋してから、内藤と試合が組まれたことってありましたっけ?

昨年は全く絡むことなく、G1でも当たることなく、この2人の試合は見てないような気がします。

そしてなにより内藤哲也にジェイ・ホワイトを倒してほしいという願望からですね!

 

オカダ選手には気の毒ですが、もう少し泳いでもらって・・・アナタは若いですしチャンスはこの先、山のように転がってるはずですから。

 

最後に

 

 間違いなく歴史的興行となるマディソン・スクエア・ガーデン大会。

新日本プロレスの快進撃は、まだまだこれから続くことでしょう!

 

それにしても昔と違って、新日本プロレスだけでもうお腹いっぱいというか、流れについていくのが大変ですね!

今ならプロレス最高!って声を大にして言える!そんな時代です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!