プロレスファンリターンズ

平成から令和へ!新日本プロレスが熱い!15年ぶりに帰ってきたプロレスファンのブログ。

【MSG】第0試合バトルロイヤルが凄すぎた!

こんばんは!マディソン・スクエア・ガーデン大会すごかったですね!

なかなか新日本プロレスワールドを見る時間が取れず、やっと第0試合のバトルロイヤルをじっくり見ることができたところです!

しかし、ものすごい試合でした!見どころ満載でお腹いっぱいです。

 

目次

 

1分時間差バトルロイヤル~HONORランボー~のルール

まずはルールの確認から。

バトルロイヤルの形式ですが、3カウントやギブアップ、20カウントによるリングアウトは無く、唯一の敗退条件がオーバー・ザ・トップロープのみ。

オーバー・ザ・トップロープとは、選手がトップ・ロープを超えてリング下に転落すると試合権利を失い敗退するというルールになります。

ちなみにトップ・ロープとセカンド・ロープの間からリング下へ転落した場合は、敗退となりません。

あくまでトップ・ロープを超えた場合のみ敗退となります。

この特殊な条件が、ラストにあっけない幕切れを起こすことになるわけですが・・・。

 

そして選手は1分おきに1人ずつ入場して戦います。

合計30人のレスラーが参加するわけですから、試合は30分以上の長丁場になりました!

 

2人めにプロレス王鈴木みのるが登場!

なんと2人めに入場したのはキングこと鈴木みのるが登場!

会場の声援がすごい!!

ワールド観戦では、残念ながら入場曲が差し替えられてましたが、鈴木みのるがリングインしたときには「風になれ~!」の大合唱が聞こえました!

盛り上がりがハンパない! 世界がひとつになった瞬間です!

鈴木みのるは終盤まで残ってましたが、惜しくも敗退。でも凄い存在感だった!

 

レジェンドの獣神サンダーライガーが登場!

後半は、ジュニアのレジェンド・獣神サンダーライガーの登場に、スタンディング・オーベーションで迎える会場!

とにかくライガー人気がすごい!

ロッキー・ロメロにロメロ・スペシャルを極めるあたりさすがですねw

 

あと矢野通が出てきたときも会場が沸きましたね!海外人気あるんだな~。

コルト・カバナとのやりとりも最高でした!

 

まさかの31人めが登場!

事前情報では30人のレスラーが登場とのことでしたが、なんと31人めが登場!

カウントダウンのあとスクリーンに映し出されたのは愚零闘・武多の文字。

騒然とする会場!実況席も混乱する中、まさかの本物のグレート・ムタが見参!

f:id:taketang:20190410010115p:plain

出典:新日本プロレスワールド

マジかー!信じられん!夢か?幻か?

会場は騒然としつつも大興奮状態!

実はグレート・ムタは、数時間前に米団体「HOG」の「CULTURE CRASH19」で復帰を果たしており、この日ビッグ・サプライズとしてMSGに姿を現してくれたようです!

たしかにニューヨークに武藤敬司が来ていることは知ってましたが、まさかMSGにこんな形で参加するとは全く予想してませんでした!

 

結末はあっけない幕切れに

最後はなんと獣神サンダーライガーとグレート・ムタの2人が残り、一騎打ちに!

ライガーの掌底から、ムタがドラゴンスクリューで返し、フラッシングエルボーを見舞うキレッキレのムーブに大興奮!

 

が、しかし、ここに伏兵が潜んでおり、1人のレスラーがリングに上がりこんできて、ムタとライガーを次々とオーバー・ザ・トップロープで場外へ放り込み、勝ち名乗りを上げる。

なんと1番最初に入場していたケニーキングが、落下した振りをしてリング下に潜んでいたんですね!

これは汚い!卑怯!当然、会場は大ブーイングでしたが、ムタがケニー・キングに毒霧をお見舞いしてくれました!

 

しかし、いつの間にケニー・キングがいなくなっていたのか、ワールドを見直してみました。

f:id:taketang:20190410012201p:plain

出典:新日本プロレスワールド

あー、ここですね!

バッド・ラック・ファレをみんなで落とすときに、一緒にトップとセカンドの間から落ちてしまったようです。

f:id:taketang:20190410012849p:plain

出典:新日本プロレスワールド

もちろんルール上はオーバー・ザ・トップロープにはならないのでケニー・キングは失格ではありません。

このままリングに上がらずに、リング下にでも潜ってたのでしょう。

あーあ、なんてこったい。

 

まとめ

結末は残念でしたが、ライガーとグレート・ムタが対峙しただけでも、神展開な内容でしたね!

まあ第0試合ですから、これでよかったのでしょう!

ライガーとムタの続きはみなさんの想像でお楽しみくださいということなのかな!

 

ちなみにムタは復帰しましたが、武藤敬司は6月26日の長州力引退試合で復帰するようですよ!

長州力の相手になるのかどうかは分かりませんが、こちらも楽しみですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!