プロレスファンリターンズ

平成から令和へ!新日本プロレスが熱い!15年ぶりに帰ってきたプロレスファンのブログ。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア 2戦目までが終了!

いよいよ開幕したベスト・オブ・ザ・スーパージュニア!

5/13(月)から5/16(木)までの平日4連戦が行われ、A・Bブロックそれぞれ2戦目までが終了しました。

 

新日本プロレスワールドで観戦してますが、平日ということもありついていくのでやっとです・笑

どの試合も内容が濃すぎて、お腹一杯です。

これでもまだまだ序盤戦で、さらなる激闘が続いていきます。

2戦目までの星取表がコチラ。

f:id:taketang:20190518132420p:plain

出典:新日本プロレス公式

ここまでは今のところ、大きな番狂わせの結果はなかったように思います。

気になった試合を振り返ってみたいと思います。

今年のベストバウト級となったSHO VS 鷹木慎吾

やはり一番印象に残っているのは開幕戦初日のセミファイナルで対戦したSHO VS 鷹木慎吾の試合です。

たしか予想はしてましたよ。パワーとパワーがぶつかり合うヘビー級顔負けの試合になるということは。

f:id:taketang:20190518133349p:plain

出典:新日本プロレス公式

しかし、おそらくは誰もがその予想よりも遥か上を行くような激闘が目に映っていたのではないでしょうか。

現時点で今年のベストバウト試合に選ばれても文句のない内容だったと思います。

ジュニアに限っていえば、もう今年のベストバウトはこの試合で決まりだといっても過言ではないくらい、それくらいの試合を見せてくれたと思います。

私なんて終盤は正座して見てました・笑

それから、この2人の関係性がとても心地いいですね!プロレスでぶつかり合ったもの同士にしか分からないような、そんな絆を感じました。

しかし鷹木慎吾は本当に強いですね!負けるイメージが思い浮かびません。

このまま全勝優勝まで突っ走ってしまうのでしょうか!?

 追い込まれたSHO!もう敗戦は許されない?

一方、初戦の鷹木慎吾に敗れ、2戦目のドラゴン・リーにも惜しくも敗れ、2連敗でスタートしたSHO。

非常に苦しい展開になってしまったSHOですが、鷹木戦もドラゴン・リー戦も本当に凄い試合で、内容に関しては全選手の中で一番濃い試合をやっているのはSHOでしょう。

ここまでの試合内容をしながら敗戦を喫してしまったのは、メンタル的にキツイと思いますし、ここからは気持ちの切り替えが大事かなと思います。

逆に捉えれば優勝候補の鷹木とドラゴン・リーをあと一歩のところまで追いつめたのだからむしろ自信を持っていいと思います。

まだまだ優勝戦線に絡めるチャンスはあると思うので、頑張ってほしいです!

田口監督がいい潮風を吹かせまくっている!

そしてBブロックですが、優勝候補はウィル・オスプレイなのは間違いないのですが、思いのほか田口監督が勢いづいています!

序盤の2連戦ともメインイベントでしかも2連勝!そして2夜連続締めのマイクアピール!

f:id:taketang:20190518140330p:plain

出典:新日本プロレス公式

試合内容もメインらしく盛り上げ、最後はきっちりと勝利を獲っていく貫録の結果となっています。

そして、このあとの3戦目の山形でもなんとメインイベントに田口監督が出ます。

対戦相手はBUSHI。これまた面白い試合になりそうですが、勢いづいた監督がまたマイクアピールを勝ち取りそうな予感がします。

BUSHIは開幕2連敗中なので、これ以上負けられません。田口監督の勢いを止めることはできるのか!?

ところで星取表を見てみると、なんと田口監督が優勝候補のオスプレイと当たるのはなんと6.3岡山の公式戦最終日!

そうなってくるとやはり田口監督にはこのままオスプレイの対抗馬として突き進んでほしいと思います!

 

関係ないですが、私は田口監督と生まれ年が一緒で誕生日も1か月ちょっとしか違いません。ズバリ同年代なんですね!

今年40歳ですから、40歳代表としていっちょここでベスト・オブ・ザ・スーパージュニアを優勝して一花咲かせてほしいと思います!

 

ということでここで優勝予想を変更させて頂きます!

優勝は鷹木慎吾を予想してましたが、深い願望を込めて田口隆祐監督が優勝すると予想したいと思います!

今年のBOSJは全力で田口監督を応援するぞ!