プロレスファンリターンズ

平成から令和へ!新日本プロレスが熱い!15年ぶりに帰ってきたプロレスファンのブログ。

【BOSJ中盤戦】後楽園ホール3連戦を占う

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの3戦目までが終了し、公式戦の3分の1が消化されました。

本日5.22からは後楽園ホール3連戦となり、なんと1日でA・Bブロック両方の公式戦が組まれ全10試合が行われることになっています。

つまり後楽園ホール3連戦で一気に中盤戦が進行されるということです。

前哨戦は無しになるので、全選手がシングルマッチを3日間連戦するわけですから、非常に過酷な戦いになると思います。

5.20と5.21の2日間はオフだったので、いかにこれまでの疲労を回復できたかもポイントになってきそうですね。

前半戦の星取表をおさらいしましょう。

f:id:taketang:20190521234447p:plain

出典:新日本プロレス公式

f:id:taketang:20190521234511p:plain

出典:新日本プロレス公式

ストップ・ザ・鷹木は誰か?

まずはAブロック。

鷹木慎吾、石森太二の2人が勝ち点6で首位争いをする中、IWGPジュニアチャンピオンのドラゴン・リーが勝ち点4で追う展開です。

おそらくAブロックはこの3人で争うことになりそうです。

f:id:taketang:20190522000811p:plain

出典:新日本プロレス公式

現在、直接対決でドラゴン・リーを破っている石森太二がやや優勢といったところですが、まだまだ分かりません。

中盤戦の後楽園ホールでは2日目のメインでドラゴン・リーと鷹木慎吾が激突します!

もし鷹木がドラゴン・リーに勝てば、ドラゴン・リーは首位争いからかなり後退してしまう結果になりかねません。チャンピオンとしてはなんとしても勝って勝ち星を並ばせたいところですね。

そして鷹木慎吾と石森太二の直接対決はなんと5.31の公式戦最終日になるのですね。この2人は最後までもつれ込みそうな気がします。

それから忘れてほしくないのがSHOの存在です。2連敗スタートとなってしまい勝ち点2ですが、まだまだこれから巻き返す可能性は大いにあります。特に石森太二を破ることができれば再び首位争いに舞い戻る可能性は十分です。そしてなんといっても若さが最大の武器!終盤戦は若さゆえの回復力で優位に立てるかもしれません!

Aブロックは最後まで混戦になりそうな感じですね!

筆頭はやはり鷹木慎吾!誰が鷹木を止めるかにも注目です!

f:id:taketang:20190522003002p:plain

出典:新日本プロレス公式

田口監督が絶好調!オスプレイはファンタズモと本日対峙!

続いてBブロック。

前回の記事でも書きましたが田口監督の勢いが止まりません!

私も田口監督にハートをがっちりと掴まれてしまい、今大会の本命として応援してます!

f:id:taketang:20190522003952p:plain

出典:新日本プロレス公式

中盤戦の後楽園ホール3連戦の対戦を見ても、順当に勝ち星を挙げてくれることを期待しています!

しかし田口監督の鬼門は終盤戦にありそうです。現在、勝ち点6で同じく首位のウィル・オスプレイとエル・ファンタズモとの対戦が終盤になっているのがキツそうです。

年齢的に田口監督の疲労度からいって終盤戦に強敵のこの2選手と戦って勝利するのは並大抵のことではなさそうです。

それでも奇跡を起こしてくれることを信じて田口監督を応援したいと思います!

 

そして本日行われる後楽園ホールの初日では、メインでウィル・オスプレイとエル・ファンタズモもが激突します!

f:id:taketang:20190522004241p:plain

出典:新日本プロレス公式

おそらくBブロックのターニングポイントとなる試合になるでしょう!

勝ったほうが優勝に大きく前進することは間違いありません。

個人的な思いとしてはオスプレイが勝って、公式戦最終日で田口監督との首位決定戦をしてもらいたいのが願望ですね!

オスプレイも膝や腕を攻め込まれて負傷気味なのに対して、田口監督はコンディションは良さそうなので疲労の心配はあっても、イクとこまでイッてくれそうな気がします!

 

今日からのBOSJ後楽園ホール3連戦!濃い内容になりそうですな~。

ゲスト解説席に誰が来てくれるかも楽しみです!

新日本プロレスワールドで存分にエキサイトしましょう!